読んだ小説。

森見登美彦太陽の塔
この人の描く世界は狭いなあ。笑。
しかし、描写力、文体。やっぱり魅力的。
どっかでこの感じ、と思ったら、前田司郎の小説か。
個人の体験が風景と連絡するかんじ。




諸事情により、草野心平を再読中。
やっぱりこの人はすばらしい。ぐいぐいくる。